「あの『仮想通貨事件』に迫る」その後
〜あの日、衝撃の「事件」が起きた〜

登壇者:  朝日新聞社 編集委員(サイバーセキュリティ担当専門記者) 須藤 龍也 氏

【講演概要】

ちょうど1年前の11月8日、私はこのKOFで、約580億円分にのぼる暗号資産(仮想通貨)が盗まれる史上最大規模のハッキング事件についてお話をしていました。

そして講演終了後、「事件」は起きました。
「あれ、ボクがやったんです」
そう言って1人の男性が、私に声をかけて会場を去りました。
謎のサイバー犯罪集団が盗んだ仮想通貨は、不特定多数の人物によって別の仮想通貨に交換されました。
その「マネーロンダリング」に応じたという男性が、私に接触をしてきたのです。

当時、警視庁が極秘裏に追っていた事件の被疑者でした。
その1カ月後、男性は再び私に接触をしてきました。
男性はなぜ、講演会場にいたのか。なぜ私に接触したのか。その狙いは一体何かーー。

男性が逮捕される前日までの約4カ月間、私とやりとりを重ねたその一部始終について、お話しします。